平成最後のブログ

クリオロが学校としてオープンしたのは、2000年4月。
今から19年前。もうすぐ20年も経ちます。

『令和になるので平成の思い出を。』ということでこのブログを書くことになりました!ということは平成13年からはじまったので『クリオロの歴史を書く』ということですが・・・クリオロは、2000年の4月に学校をオープンして2003年にパティスリーもはじめました。

はじめは「小竹向原」駅から徒歩3分のところで普通のお家の一階を借りてのスタート。

ガラガラっと日本家屋のお家の扉を開けるとこんな感じで、厨房施設を整えていてここでお菓子作りを教えていました。


懐かしい・・・。こんな感じでみんなで実際一緒に作っていました。


一か月に一回ケーキも販売していたんですよ。 「今日のケーキはこれです」って冷蔵庫から出して販売。はじめは教室で教えるための試作をしたものを販売していたのですが、お客様が口コミで広がり、そのために仕込まないといけないくらいになっていました。


これは焼き菓子。こんな箱にまとめて入れて今日の焼き菓子はこれですって感じでした。


最初は二人でしたが一人スタッフが増えて、左は初代の正人くん、そして私たちも若い!


これは一番最初のHPです。『一週間でできるホームページの本』を見て自分でつくったHPです。今見たら幼稚ですが、地味にホイッパーが動いたりするんですよ。

そんな感じで菓子学校をしていましたが、手狭になって生徒さんが増えたので、千川に移転。
せっかくなので学校だけではなくお店もやろう!ということになり、パティスリーもはじめました。


最初オープンしたときは、お花でいっぱいで、お花屋さんと間違えられたほど。


ケーキの種類はあまりなかったですが、たくさんのお客様にご来店いただきました。
オープンの日4/20は、みんな慣れていなかったこともあり、朝から晩まであっという間で、みんな休憩に行く時間もなくいつの間にか夜だったのを覚えています。


そのあと、ラボが手狭になって、ラボを要町に引っ越して、店舗を大きくして種類もどんどん増えてカフェも始めました。
今では懐かしい千川本店


2009年には中目黒店をオープンしました。
そのころは白とオレンジを基調とした明るいお店で、ポップな感じだったのを2016年に本店を小竹向原に移した際に変更して今の店舗になっています。


これが今の本店です。別々だったラボもお店の2階に設置して製造と販売がコミュニケーションを取りやすい環境に。
コンセプトも「時代に合ったおいしいもので幸せに」ということを掲げて、モダンだけれど、経年劣化を楽しむような店づくりをしました。


一階が店舗、2階がラボ、3階が事務所です。


パンなどの種類も増えて品揃えも豊富になっています。


中目黒店も今の本店のコンセプトに合わせてリニューアルしました。

そんなシェフと私で二人で始めたビジネスが、今では100人近くのスタッフがいます。本当にいろんなことがありましたが、平成が終わって令和になります。令和になっても変わらず、そしてこれを機に新しいことにもまだまだ今後もチャレンジしていきたいと思います。

今後もシェフのスイーツをはじめとする美味しいもので素敵な時間を過ごしていただけるようにスタッフみんなと一丸となって頑張りたいと思いますのでこれからもぜひクリオロを応援してくださいね。
美味しいもので少しでも素敵な楽しいひとときがみなさまに訪れますように。

5月19日にオープン16周年記念(リニューアル3年)のくじ引きを本店で開催します。いろんな商品をご用意しておりますのでぜひいらしてくださいね!