クリオロスタッフ大活躍

今月行われた「ジャパンケーキショー」
毎年日本全国のパティシエが作品を出品して行われるコンクールがありますが、そこで今年クリオロのスタッフが4人出品して3品受賞しました!!
みんなそれぞれ頑張りました。
(シェフと私も毎年このコンクールの審査員をさせて頂いています。今年はシェフはコンフィズリー部門の審査でした。私はジュニア部門のマジパン審査員をさせて頂きました。)

■ピエスアーティスティックショコラ部門で1位を獲得したのが、こちら!
連合会会長賞 福間将司
審査員の方々には細かい作業が丁寧にしてあって、綺麗だったと褒めて頂きました。コーヒー豆が挽いてある感じもよかったそうです。

ラボで完成したばかりの写真↓

ネジのところも細かく本物みたい、コーヒー豆も!

もうひとつは大型のチョコレート細工部門

こちらは、浅田弘樹が大会会長賞!2位でした。ひとひとり分くらいの大きさなんですよ。運ぶのも一苦労。がんばってつくった作品を壊さないようにもってくるだけで大変なんですよ。よくがんばりました。こちらはチョコレートのオブジェだけではなく、ケーキもつくります。

細かい細工にも拘ってチョコレートなのにいろんな色を使って華やかに仕上がりました。本番までに何ども試作を繰り返しやっとできた本番でした。テーマはピノキオ。


こちらは金井紀詩子がピエスアーティスティック部門の銀賞、去年に引き続き賞を獲得しました。絵も1枚1枚手で書いたものを転写しているんですよ。

こちらは飯塚和樹の飴細工のピエス。初出品でしたが、今回賞はとれませんでしたが、ぎりぎりまで細かい作業がんばりました。

クリオロのスタッフは努力家が多いんですよ。パティシエたちも日々技術向上がんばっています。
今までコンクールに参加して賞を受賞したスタッフの作品ページをつくりました。こちらも合わせてご覧ください。

スタッフ受賞作品はこちらから⇒