ガレット・デ・ロワ

フランスでは新年に食べるお菓子として人気のガレット・デ・ロワ

エピファニーのお祭りに食べる宗教的なスイーツですが、ゲーム感覚で楽しめるので日本でも最近人気です。クリオロでは年末から年始にかけて人が集まる時に楽しみながらお召し上がりいただけたらということで年末から年始にかけて販売します。12/28から!(本店、中目黒店ではご予約承ります。神戸クリオロ・カフェではお取り扱いございません。ご了承下さい。)


中身はアーモンドパイなんです。しっとりアーモンドクリームとパイ。パイ生地にアーモンドクリームを挟んでしっかり接着して模様を描いて焼きます。

この模様描くのが結構難しい!
失敗できないし、綺麗に線を入れるのはパティシエの技が必要。うちはこの轆轤を使って中心をとって模様を書きます。

フェーブと言われる陶器の人形を隠して切り分けて当たった人はその日一日王様、王女様に慣れるというもので、冠もいっしょに送ります。当たった人はその冠をかぶって1日王様気分になれるというもの!フェーブもコレクターがいるのでなるべく最近は可愛いものを探しています。昔ギャングシリーズが面白いというのでとってみたら、夢がない!可愛くない!とお客様にお叱りを受けたことがあったので。

とにかくみんなでワイワイ楽しめるのでおススメです。日本ではパイの中に陶器の人形を入れて販売することが禁じられているので、切り分けた際に隠してくださいね。

ネットでも東京から1日で送れる場所には配送しています。それは、次の日までに食べていただきたいからなんです。(九州や北海道には送れません。ご了承ください。)なのでお召し上がりになる前日に発送しますので到着日に食べて頂きたいので、配送日にお気をつけくださいね。着いたらすぐにお召し上がりください!
ネットでのご購入はこちらから→

嬉しいお声もたくさん頂いているのでご紹介
◆あ~る様
去年初めて注文したのがとても美味しかったので、今年のも楽しみにしていました。クリオロのガレット・デ・ロワはアーモンドクリームがたっぷり詰まってて食べ応えがあります。パイ生地表面の艶のあるカリッとしたところ、さっくり、でもしっとりもしているパイ層の食感、「食べたー!」という満足度が高いアーモンドクリームの上品な甘さが最高です。来年のお正月にもまた注文したいです。

◆購入者さま
今年も「誰がフェーヴを引き当てるか!」とドキドキしながら食べました。こちらの商品の甘味とパリパリ感が、家族一同とても気に入っており「ねぇ、ちゃんと注文してくれた?」と念押しされたほどです。フランスでは、このケーキを食べる日が決まっているとのことですが、私は一年中食べたいので、いつもあるといいなぁと思っております。

クリスマスや年末これからですが、たくさん作って皆さまのお待ちしております。これからはノンストップで全店舗年末までお休みなしで営業しております。(神戸クリオロ・カフェのみ30日まで)
クリスマスや年末年始の各店舗の営業日程はこちらをご覧ください→

ではみなさま良いお年をお迎えください!!