クリオロについて

“常に進化しつづけるパティスリー”を目指して

クリオロはフランス人パティシエ「サントス・アントワーヌ」のパティスリーです。
生まれながらのフランス人独特のセンスに、日本が大好きなサントスシェフならではの 繊細な感覚を融合させたオリジナルスイーツをお楽しみ頂けます。

サントスシェフのスイーツの特徴は、ひとつひとつの食感をとても大事にするところ。カリッとしたものはカリッと、フワッとしたものはフワッと、そしてクリーミーなものはよりクリーミーに。

エコール・クリオロは「時代に合ったおいしいもので幸せに」を経営理念として、常に時代の流れを感じながら「進化」し続けるパティスリーを目指しています。

その中でも「糖質制限スイーツ」は、私たちの挑戦のひとつです。

シェフの受賞歴(2009~)
  • ・2009.「世界パティスリー2009(東京)」フランス代表チームとして出場し、準優勝。また、同コンクールにて最優秀味覚賞受賞
  • ・2010.日経新聞お取り寄せクリスマスケーキランキングで1位(カフェ・プラリネ・ノワゼット)
  • ・2015.東京都内のパティスリー、モンブラン1位
  • ・2017.「SALON DU CHOCOLAT PARIS 2017」Club des Croqueurs de Chocolatにて金賞&外国人部門アワード獲得
  • ・2018.「SALON DU CHOCOLAT PARIS 2018」Club des Croqueurs de Chocolatにて金賞獲得
  • 過去の受賞歴はこちら

当店スタッフも活躍中

シェフだけでなくスタッフ達も毎年ジャパンケーキ賞で数々の賞を獲得また、海外で開催のコンクールに挑戦するスタッフもいます。おいしいものにこだわっているからこそ、スタッフも数々の賞を獲得しています。

スタッフ受賞作品

エコール・クリオロから「クリオロ」へ

エコール・クリオロは、2000年4月に菓子学校としてスタートし、開校当初は、アマチュアだけでなくプロを対象としたクラスがありました。

「エコール」とはフランス語で「学校」という意味。「クリオロ」とは「カカオ」の最高品種の名前です。そんな菓子学校も店舗業務拡大に伴い、2013年5月に多くの生徒様に惜しまれる中、閉校致しました。

そしてこの度エコール・クリオロは「クリオロ」へと生まれ変わります。有楽町線・千川駅にある本店が、2016年5月に移転し、工房(ラボ)と一つになって新本店が誕生します。 場所は千川の隣駅小竹向原駅3番出口から徒歩3分のところ。実は小竹向原は2000年4月に「エコール・クリオロ」を菓子学校としてオープンした場所でもあります。

日常の隣にある、甘く贅沢なひとときを。

新しいブランドのコンセプトは「身近な贅沢」 日常の中に溶け込む贅沢なひとときとして当店のお菓子を楽しんでほしい、 上質なのに親しみやすく、身近な存在でありたい、 という私たちの願いが込められています。ご来店いただいた際には、 「甘い香りに感動」「並んでいるスイーツを見て感動」「食べてさらに感動」 していただけるお店を目指しています。

新本店のリニューアルに合わせて、ブランド名、ロゴを変更。 ロゴは温かみと繊細さが共存するデザインに生まれ変わりました。 皆さまとともに、素敵なパティスリーを作り上げていきたいと思っておりますので 今後とも変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。

商品やお店の最新情報はFACEBOOKやEVENTS&NEWSのコーナーなどでも タイムリーにお客様にお伝えしていく予定です。ぜひご覧ください。

    友だち追加